勝連城跡で「肝高の阿麻和利」観劇してきました!

久しぶりにLa.fitブログを更新するカデカルです。
現在、La.fitは「archilabo Lafit(アーキラボ ラフィット)」への移行作業中。年末からバタバタと目まぐるしく忙しい日々を送っていたはずなのに、食べることは忘れずしっかり。なかなか痩せませんが、今年こそ(毎年言ってる)ダイエット頑張るぞー!!!

早速ですが、皆さま、「肝高の阿麻和利」ってご存知ですか?

肝高の阿麻和利とは
沖縄県うるま市の中高校生が出演している現代版組踊「肝高の阿麻和利」。
沖縄に古くから伝わる伝統芸能「組踊」をベースに、現代音楽とダンスを取り入れて、勝連城10代目城主「阿麻和利」の半生を描く、「沖縄版ミュージカル」。

1999年に、当時の勝連町教育委員会が、子ども達の感動体験と居場所づくり、ふるさと再発見・子どもと大人が参画する地域おこしを目的に企画した。

       =現代版組踊 「肝高の阿麻和利」公式ホームページより抜粋=

知人のお子さんが参加していて、いつか観たい!!と思っていましたが、なかなか機会がなく・・・。しかもコロナ禍でしばらく公演もできなかったとのことですが、初観劇!しかも、会場は6年ぶりだという勝連城趾。

今回は、観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で開催されコロナ対策もバッチリの中、開催されましたよ。ホントにパワフル!!熱意がすごい!中高生が自分たちで創り上げた世界とは思えないほど本格的だし、みんな伸び伸びしてて。屋外で雨もちらつき、寒かったけど、そんなこと吹き飛ばすほど魅了する演技でした。あんなに地元を愛することができるのも、またすごい!!まだご覧になったことのない方、ぜひ鑑賞してくださいー!!

会場は撮影禁止とのことだったので、琉球新報さんの掲載画像をお借りしました。

1年ぶりの公演で熱演する中高生たち=9日夜、うるま市の勝連城跡特設会場

文化にふれるっていいな。今年は積極的に芸術にも触れたいなと思いました。

さて、La.fitですが、「archilabo Lafit(アーキラボ ラフィット)」に移行するにあたり、事務所も移転します。現在は、新事務所のリノベーション中。移転は3月末を予定しています。雰囲気もガラッと変わる予定なのでお楽しみに♡

そして・・・近日中に、WEBサイトもブログもお引越しする予定です。引き続き、新生La.fit→→→「archilabo Lafit(アーキラボ ラフィット)」もよろしくお願いいたします。

 

 

 

PAGE TOP