新たなリノベーションプロジェクト着工へ向けて!(^^)!

とうとう、始まりました4連休!『Go to キャンペーン』のなか、みなさまいかがお過ごしでしょうか?La.fitのトクザトです。

いろいろ論議されている『Go to キャンペーン』。旅費の約半額を国が負担するというものらしいですが、トラブルといいますか、恩恵を受けるところとそうじゃないところがあるみたいです。個人的には、経済活性化推進は理解できるのですが、“国内観光”=“県外”と捉えられていることが少し疑問といいますか、不安といいますか…。多分、僕が沖縄在住なのでそういう気持ちになっているのかもしれませんが、できれば、旅行は自分の地域でおこなってほしいという気持ちがあります。こういう時期だからこそ、あらためて自分の故郷や地元の良さに気づくチャンスであり、本当のコロナ終息後への飛躍に繋げられるタイミングだと思うんですね。国としても国民へ“今住んでいる地域の観光資源を見直し、歴史や文化を知る機会に充ててもらう”という制度としてのキャンペーンにしてほしかったと思います。僕の知識レベルでは、現実には難しいことなんでしょうけど、観光客で地元に人が溢れる状況だとせっかくの連休を使っての小旅行も、不安で計画できない家庭のほうが多いのではないのでしょうか?少なからず我が家はそうなっているので、子どものストレスを溜めないためにもドンキホーテとTUTAYAで我慢してもらおうと思ってます。(アマゾンプライムに本当は入りたい( ;∀;))

そんな思いで始まった『Go toキャンペーン』ですが、La.fitは変わらず営業中です(^O^)/

毎日、お客様へ満足してもらえる仕事を目指していますが、先日、2世帯住宅リノベーションのお引渡しをおこなったK様が突然の来社され、ロールケーキとマカロンの差し入れを頂きました(*^-^*)

「いままで大変だったでしょうけど、本当にありがとうございました!」と。いやいや、大変だったなんてとんでもない!とても楽しい打合せ,本当にありがとうございました。工事はもちろんですが、資金計画や銀行手続き、登記関係含め,とても安心して任せることができたとのことでした。

こういうことがあるので、やっぱり仕事は楽しいって思える。バーチャルやAIでは届かない、人と人の心が作り上げる仕事って本当に素晴らしい。これからも“その人にあった豊かな暮らし”を追求し、もっとたくさんの人に僕らが携わることで“幸せな住空間”を届けられたらと思いました。K様、本当にありがとうございました(*^_^*)

そのK様のリノベーションの完成見学会を行なった際に来場されたA様。以前からリフォームか建て替えかで悩んでいたなか、La.fitの施工事例が沖縄タイムス住宅新聞に掲載されたことで“リノベーション”というフレーズを知り、もっとリノベーションを詳しく知りたいということで来場されました。そこで、“リノベーション”についてお話しをさせてもらい、後日、ご実家にて打合せをさせていただきました!

A様のご希望は今住んでいる2階建ての2世帯住宅の建物をもっと使いやすく、住みやすい家にしたいということでした。1階部分と2階部分の内装をすべて取り除き、再度、内装を作り直す“スケルトンリノベーション”。1フロアの“スケルトンリノベ”は工事として結構多いのですが、2世帯住宅すべての“スケルトンリノベ”はなかなかない案件です。A様ご家族は、今の間取りに不満をお持ちで、建て替えるよりは安く工事ができるリノベーションすることを決意されました。

La.fitは少しでも多くの皆様の『Life』が楽しく過ごせるように・・・。
お客様一人ひとりのおうちへの想いを大切にいたします。
K様の工事をさせていただき、完成見学会でA様とのご縁があり、今度はそのA様のリノベーションに携わることになりました。
僕らLa.fitが理念として掲げている“その人にあった豊かな暮らしを提供する”ことが、お客様を通じて多くのひとに繋がっていくんだなと思い、これからもその理念を大切にお客様へと向き合っていきたいと思うトクザトでした(*^-^*)
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。