La.fitの事務所 壁面サイン描きました!!

秋風を感じるこの季節、みなさまいかがお過ごしでしょうか。La.fitのトクザトです。関東では、先日去った台風15号の被害の復旧がいまだ改善されないなか、台風19号の被害が心配です。深刻な状況にならないことを心から祈ってます。

さて、La.fitの事務所ですが、壁面サインを描きました!(有)トクマサ工業は業務内容として、機械設置業を主軸とし、今の社長が24年前に“うるま市塩屋”で創業した会社です。鉄を扱う仕事が中心なので、溶接の技術が強みの会社です。外壁と屋根をトタンで造った鉄骨造の工場を建て、その中に小さな事務所を設けて仕事を行っていました。それが、時が経ち、“具志川市”が“うるま市”に統合され、当初、「未指定」だった用途地域も、今は「第一種低層住居専用地域」となりました。周辺には住宅がどんどん立ち並び、工場としての使用が難しくなってきた頃に、移設を決意し現在、“江洲”に工場を移したんです。今は、創業した場所は[事務所兼倉庫]として活用しています。

その建物でLa.fitの事業をやることになったのですが、僕は立ち上げ当時(4年前)から、どうやってお客様の印象を良くするかということを常に悩んでいました。

トタンの工場で打合せって…(-_-;)

そんな悩みを吹き飛ばしてくれたのが、今年の夏に行った「リノベーション協議会の鹿児島合宿」。そこで倉庫をリノベーションした物件を3件見学したんですけど、それがとてもカッコよかった! その一つは、倉庫の中に造った雑貨屋さん。もう一つは倉庫の中にある中華料理屋さん。そして最後の一つはコンテナを使ったお肉屋さん。どれも斬新で、とても魅力的でした。

その活用に感銘を受け、『これってウチでもできるじゃん』って思ったんです。“古い建物に新しい価値を見出して活用する”。まさに、リノベーションの神髄がここにあったんだって思えた瞬間でした。そう思えてからは、事務所が工場ってとてもありがたく思えたんです。だって、僕らが行っている仕事(コト)が、お客様に伝わりやすいじゃないですか! 鹿児島から沖縄に帰ってきてからは、事務所の空間をどうしようかと考えていたんですけど、仕事が落ち着いてきた時期を見計らい、一気に仕上げました!

まずは、外観を変えたくてカデカルと相談し、色やデザイン、そこに入る文字を考え、PCでイメージを確認しながら決めました。晴れの日を天気予報で確認し、作業開始!(^0_0^)

【Before】

【After】

La.fitカラーのオレンジに若干ムラを出し、トタンをレトロに仕上げました。それからサインを入れます。

創業時から使ってたスパナレンチを取ってに見立て完成。植物の緑色が入ると“画”になってますよね!(´∀`*)ウフフ

カッコイイんじゃないですか?作業開始してからは短時間で仕上げたんですけど、結構気に入ってます(*^-^*) この壁を製作したら、ご近所さんから「とてもかわいいよね。壁をオレンジにするだけでこんなに雰囲気って変わるんだね」って声を掛けてもらいました。まさにこれがリノベーション(Re.inovetion)!! 建物にも役目があるのなら、その役目が終わったら解体ではなく、新しい価値を見出して再び活用する。それは、創業時の社長やここで働いていた人たちの、“思いや誇り”を受け継ぐことになると思うんです。この工場だった建物を通じて、過去にこの建物に関わった人やこれから関わっていく人の思いを繋いでいくってとても素敵だと思いませんか? ちなみに事務所内もこんな感じになってます。

La.fitは少しでも多くの皆様の『Life』が楽しく過ごせるように・・・。
お客様一人ひとりのおうちへの想いを大切にいたします。

完成後にリーフレット用の写真を撮影。そのなかの一枚。

僕はちゃんとリーフレットを意識したはずのカットなんですけど、カデカルはいかにも「はい、ポーズ!」って言われたときの小学生になってますよね( *´艸`) あとで確認して大笑いしました♪

La.fitがこれからも楽しい会社であるために、いろんな取り組みをしていきたいと思います。今年は本土出張が多かったんですけど、ちゃんと学び、実践できたことがすごく嬉しいです!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。