K様住宅新築工事&M様2世帯新築工事 進行中!

最近、暑さが遠のき秋を感じ始めているみなさま、こんにちは。La.fitのトクザトです。

先日、娘たちが通う小学校へお迎えに行くことがあったんですけど、その時、校庭に掲げられていた生徒が書いた標語があったんです。よくある光景なんですけど、そんな時、やっぱり我が子の作品ってあるのかなって探してしますのが親ですよね(;^ω^) 地域では大きな小学校なんですけど、全校生徒の中ではないよなって思いながら見ていると二人の作品が掲示されていたんです!

長女の作品は僕に言っているかのように思い、少しだけドキってしたんですけど、次女の作品を見た時には『いつも早く寝んか~い』って言いたくなりました(-_-;) まあ、子どもってこんな感じなんでしょうけど…

そして、去った週末の台風ですが、みなさま被害はなかったでしょうか?

思ったよりも風と雨の影響が強かった台風17号。“猛烈に強い台風”と天気予報で発表があれば、厳重警戒となるものの、今回は多少甘く台風対策をしていた家庭も多かったのではないでしょうか?僕は毎朝4:40分に目覚ましをセットしているのですが、思ったより影響があったので、少しだけ早くめが覚めてしまいました(*_*; 自宅は被害なかったんですけど、La.fitの事務所がある地域は半日間停電しましたよ。最近の台風は沖縄付近で急に強くなったりするので、甘く見ず気を付けたいですね。

さて、この台風のおかげで現場も思うように進んでいません(-_-;) その状況がコチラ。


鋼管杭打設が完了し、捨てコンから基礎墨出しまで終わったのに…毎回そうなのですが、基礎工事中に大雨や台風に当たってしまうと、翌日はこのような状況になるんです。水が溜まってるので、「水抜きすればすぐ作業できる」と考えられる方もいると思いますが、水を抜いた後にコンクリートの表面に付着したヘドロを除去しないと親墨や子墨が見えない。墨が見えないということは、基礎の配筋の位置がわからないということ。建物の土台となる基礎の位置がズレると建物の全体に影響が出てしまいます。基準墨(親墨)は工事において最も重要な作業のひとつ。また、ヘドロ除去のみならず、場合によっては基礎周りの土砂が崩れる場合もあり、それをスコップで取り除く作業も起こったりします。そんな予定外の作業もありながら、工事の完成へ向けて取り組んでいるんです(^-^; 僕は20代のときに、このスコップ作業で腰を痛めて1週間現場に出れなかったこともありました。(/_;)

このような現場の状況写真は、お客様の心情を考えるとなかなかブログでUPしにくいものです。でも、あえてUPすることでより建築工事へのご理解とLa.fitへの信頼に変わればと思っています。お家が完成するまでなにも悩みが起きず、引き渡しを迎えられることなんてありません。どのお家も、工事中には施主・設計・施工業者とみんなで一緒になって考えることがあります。施主のご要望がどうすれば出来るのかを考えるのが設計者であり、現場技術者です。また、施主側も、ご自身の要望が叶うように現場側の意見を真摯に耳を傾ける必要があります。そのような関係性があれば、お互いの信頼関係は引き渡し後も続いていきます。“引き渡しが終わればはい、終了。”みたいな関係性って、あまりにもドライで人間味に欠けるっていうか悲しくないですか?

新築工事であれ、リノベーションであれ、お客様に真摯に向き合うことは業者として当然のことです。自分たちが持っている技術で、考えられる最良の提案を行う。その先にお客様の満足と、自分たちの仕事に誇りを持つことができるから、仕事ってホントに楽しいと感じます。だから僕ら、もっと成長して喜ぶお客様を増やしたいって思うんです(*^-^*)

La.fitは少しでも多くの皆様の『Life』が楽しく過ごせるように・・・。
お客様一人ひとりのおうちへの想いを大切にいたします。

これからも「La.fitの仕事っていいよね」って言ってもらえるよう益々頑張っていきますよ!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。