ショールーム案内、同行してます(*^-^*)

イチローの現役引退を受けて、「俺のヒーロー、お疲れ様!!」とお酒に溺れた40代のみなさま、こんにちは。La.fitのトクザトです。

「衝撃」といいますか、「ついに来たか…」という思いを感じた方、多かったと思います。言わずと知れた日本野球界のスーパースター、『イチロー』。記録はもちろん、多くの人たちの記憶にも残るプレーの数々を見せてくれました。ほんと、魅せてくれましたよね。また、プレーだけではなく、『イチロー語録』も大いに影響を与えましたし、ドラマやCMも楽しませてくれました。心から「お疲れ様。これからは野球選手としてのプレッシャーから解放され、ご自身、ご家族との時間をゆっくり過ごされてください」と言いたいです。

そのイチロー選手ですが、実は僕、本人を見たことがあり、ちょっとした思い出があるんです(^_^)v 

もう20年くらい前になりますが、当時、大学生だった僕は北九州に住んでいました。そのころのイチロー選手は『振り子打法』で世間を賑わせており、シーズン200本安打ゴールデングラブ賞などのタイトルを取っており、まさに『日本球界のスター』。僕と同じ世代の方はご存知だと思いますが、イチロー選手のいたオリックスには、後にメジャーリーグに行く『田口選手』や超スローカーブを投げる『星野投手』がいました。(パンチ佐藤はいたかな(;^ω^)?) せっかく福岡に住んでいるし、福岡なら『ダイエーホークス』(現ソフトバンクホークス)が地元。有名選手でいえば、『小久保』『井口』『松永』『秋山』とこちらもスター揃い!

福岡に住んでいるうちに「プロ野球ペナントレース」を一度は球場で見たいと思うんですけど、なんせ、北九州から福岡ドームまでが結構遠い!しかも、翌日、学校ならとても行けない…でもですよ、ペナントレース中に数回だけ『北九州球場』で試合があったんです!『この機会に絶対、試合観戦に行こう!!』と大学の友人と一緒に計画しました。「なるべく近くで選手の顏が見える席を!」ということで、内野席のチケットを買おうということになり、訳も分からず購入したんです。

試合当日、土曜日のデーゲーム(お昼の試合)で学校はなく、朝から「イチロー応援に行くぞ(^0_0^)」と5人くらいで張り切って球場へ向かいました。もう、その時の感情はドキドキのワクワクですよ!球場へ着くまでは…チケットを片手に、「さあ、うちらの席はどこだい?」とシートを探したらなんとビックリΣ(゚Д゚)、まさかのダイエーホークスの1塁側内野席!!応援にきたオリックスは3塁席側だったんです(;゚Д゚) 僕らは大好きなイチローを見に来たはずが、遠い。遠すぎる!

福岡に住んでるので、もちろんダイエーホークスがチームでは一番好きなんですよ。それは今も変わらないんですけど、この日はチームではなくイチローを見に来たかった。本当に…

「アウェーってこんな感じか…世界戦のボクサーは生きた心地がしないな…」とボクサーの心境を感じながら試合が始まり、その試合、イチロー選手も「一番ライト」で出場したんです。思いのほか、ゲームが始まると1塁側が幸いし、結構近くで見れた(;^ω^)

すぐそこに憧れのスーパースターがいることに、胸を躍らせた僕たち。気付けばもう、イチローファンでした。そこでですよ、我を忘れた僕たちはあろうことか、「イ・チ・ロ~~~~、イ・チ・ロ~~~~」(当時のイチローの打席コール、わかりますよね!)と打席に入ったときの掛け声をオリックスの応援に合わせて言ってしまったんです!次の瞬間、凍り付きました…「イチロー言うたのだれだおんどりゃ!!食らすぞ、ボケ!!」って周囲のダイエーファンの方から痛い視線の嵐。忘れもしない、『針の筵(むしろ)』を実際に味わったのです( ;∀;) (殺されるかと思った…)

しかし、その試合のヤジがヒドかった…イチロー選手がヒットを打って出塁すると「イチローコラ!!調子こいてんじゃねーぞ!」「盗塁(はし)ってみろや!ボケ!」などいろいろ言ってる…野球の試合観戦をしたことがなかった僕たちはこの雰囲気に呑まれ、恐怖というか、この少し酔ったおじさんたちに絡まれたりしないだろうかと試合内容が頭に入ってこなかった。「想像としていたものと違った…」と無言で帰りの電車に乗りました…そんな苦い「イチローの思い出」です(~_~;)    …あのおじさんもイチローの引退に涙したのかなあ(-_-)

さてさて、La.fitのお話ですが、このところショールームに毎週お客様と同行しているんです(カデカルが!)。

もうすぐ着工する現場が多いということなんですけど、La.fitではお客様のショールーム案内は必ず同行させてもらってます。それは、お客様により安心して住宅設備をご覧になってもらいたいから。多くのハウスメーカーでは住設メーカーのアドバイザーに任せるスタンスを取っていることが多いと思いますが、お客様にとってはアドバイザーと会うのは数回。初回では、当然、お客様の好みがわかるはずもないので、機械的に案内されてしまうことも。“あれ?これって私たちが図面の打合せをした時の内容であってるのかな?”と疑問に思うこともあるかもしれません。

La.fitは打合せ時にお客様の好みが分かっているからこそ、こちらも一緒になって住設の特徴や性能をアドバイザーに質問したり、新商品の入れ替え時期に伴い、“いつ発注したほうがお得か?”などの情報も聞いたりします。そのほうが、お客様にとってより親切だと思いますし、絶対に損しないように心掛ける。誠実にお客様と向き合うことに徹しています(*^-^*)

La.fitは少しでも多くの皆様の『Life』が楽しく過ごせるように・・・。
お客様一人ひとりのおうちへの想いを大切にいたします。

ささいなことでも気になることがございましたら、お気軽にお問合せください(*^-^*) “自分がしてもらって、うれしいことをやる。”そんなスタンスがスタッフみんなの思いです。(#^.^#)

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。