【カデカル家のキッチンの収納棚】②イメージを見える化するとどうなる?

カデカルがライフオーガナイズを知ってから現在までのキッチンの変化。
講座で『収納道具から買っちゃダメ!』と教わったのにも関わらず、
『なんとかしよう!!!』と初めに取り掛かったのは・・・

「私にピッタリの収納家具のイメージ図作成」

どんなモノを、どれくらい持っていて、
それが必要なのか、適正量なのかも把握しないまま、
『こんな家具置いたらステキな空間でモノも収まるはず!!!( *´艸`)』
そう思い、計画立てるのが苦手なカデカルなりに
『ざっくり』計画を立てて描いてみたのがコチラ↓↓↓

こんな感じの棚を作りたい( *´艸`)
ゴミ箱は棚の下に入れよう♫
いつもペットボトルの置場所に困ってたんだ♬

ってことで一生懸命計画したこのラフなイメージ図、
自信たっぷりにトクザトに見せました。

数時間後・・・・

『こんな感じ???』って、ササっと図面に起こしてくれたのです!!!
画像が小さく見えにくいかもしれません!すみません!(>_<)

 

『そうそう!こんな感じ!(≧▽≦)』
そっか、忘れてた。
棚作ろうと思ったら棚の厚みも考えなきゃいけないのか・・・( ;∀;)

「だいたいイメージと合ってるなら、これを基に作るとか、
既製品探すとかしてみたら??」とトクザトの提案に、即答で、

『絶対作る!!楽しそう!!(≧▽≦)』

 

と答えるテンションMAXのカデカルをよそに
「カットしてもらう前に、板に無駄がないか考えてみようね」と、
適切なアドバイスをくれるトクザト。

ライフオーガナイズでは自分自身を知るためのツールのひとつ
右脳と左脳の得意とすることや機能分担をもとにして
どちらが良く動くか、スムーズに使える脳を知り、
個人が得意なコト・ラクにできる方法を知る『利き脳』を参考にしています。

カデカルの利き脳は基本的に『右右脳タイプ』
感性が鋭く、豊かな表現力が右右脳タイプの特長。
みんなが幸せだと自分も幸せ!という、明るい雰囲気を作れる人です。
でも気分に流されやすく、本当にやる気にならないと集中力が続きません。
また、人には細やかに接してよく気がつくのに
自分のことになるとさっぱり・・・という人も多く、
なんでも大雑把になる傾向も。
                    「脳タイプで、お部屋も心も未来もスッキリ!利き脳片づけ術」より一部抜粋
トクザトの利き脳は『左左脳タイプ』
真面目でコツコツ頑張れる「継続は力なり」そのもののような人。
計画をたて、着実に遂行するのが得意で、細かく物事を考えるタイプ。
気持ちや感覚よりも合理性や機能性を求めるので、
いつでも冷静でとっつきにくいと思われる場面もありますが、
まわりからはしっかりした人と信頼されます。
情緒面は、しっかりしているようで実は傷つきやすいので悩むことも少なくありません。
                    「脳タイプで、お部屋も心も未来もスッキリ!利き脳片づけ術」より一部抜粋

・・・正反対なのです!!!

同じことをしてもそれぞれの違った特徴がしっかり出てきます。
目指すモノは同じなので大きなズレは無いし、
違う見方で物事を考えることができるので
話合うといろんなアイデアがどんどん出てきます。

それぞれの特長を知り、認めることも大切なライフオーガナイズの要素。

今日はここまで。
次回は制作作業に取り掛かりたい気持ちを抑えて・・・
所有しているモノを知るためのオーガナイズ作業のお話。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください