DIYで床張りを行いました!

みなさん、ご自分のお家のメンテナンス、いかがされていますか?

こんにちは、La.fitのトクザトです。

先日ですが、洗面脱衣室の床を娘と一緒にDIYしました。

私の住宅、中古物件として10年前に購入したのですが、なぜか洗面脱衣室の床が鏡面のボードで仕上げられていたんです。まあ、私も建築を生業としているので、購入後に自分で直そうと当時は思っていたんです。確実に思っていたんです!10年前に。

しかし、自分のお家だとなかなか手を付けない。「お客様だと早急な対応を!」といつも心掛けているはずなのに…「こんなものぐさなところは世の男性ほとんどで、決して私だけではない」なんて勝手なことを思いながら、重い腰を上げ、10年前のやるべきDIYをやっと行いました。娘と一緒に…

私の妻がとりあえず、カーペットを敷いて使っていたのですが、ある日、娘の衝撃的な行動を目の当りにしたんです。

それは、浴室ではなく、脱衣室で長い髪から滴り落ちる水を一気に絞ったんです!

「(# ゚Д゚)!!!」って感じで唖然とした私。なんだ?なにが起きたんだ?ここはプールサイドなのか?

「毎日ここで絞ってるのか」と尋ねたところ、「だってカーペットあるから大丈夫♡」

はい、グーですね。グーでゴンと頭。いわゆるゲンコツ♡

 

それが今回のDIYのきっかけです。ここからは、娘に「DIYレクチャー」という名の労働を与えました。

まず、敷いていたカーペットを撤去します。現況がコチラ。

その後、埃などをふき取ります。ぞうきん掛けですね。

それから床タイルを張ります。建材として、床タイルそのものが接着タイプとなっているので接着剤を使うこともなく、カッターでケガに注意すれば子どもでも簡単に施工できます。

 

張り終わったらコーナー部分にボンドコークを充填します。すぐにふき取ることで綺麗に仕上がりますよ。結構楽しそうに作業していました。

完了がコチラ。その後、巾木と取替、壁のクロス補修、勝手口のガラスを取り換えて終了です。

最後は「もう嫌だー、やりたくない」って言っていましたが、きれいに仕上がって満足そうでした。思いのほか、簡単に施工できるので、ご興味のある方は是非、DIYトライしてみてはいかがでしょうか。

La.fitは少しでも多くの皆様の『Life』が楽しく過ごせるように・・・。
お客様一人ひとりのおうちへの想いを大切にいたします。

何はともあれ、仲良くDIYできたトクザト家でした。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください